願ったり叶ったりのサ-ビス

サ-ビス

ライブチャットのサ-ビス内容に関しては、利用者の増加と需要の拡大に対応すべく、日々進化多様化を見せています。
実際には風俗店でも滅多に楽しむ事が出来ないマニアックなサ-ビスを自サイトの「売り」としているサイトも多々見られています。
具体的にはSM、コスプレ、熟女、デブ専などのマニアックなサ-ビスで、地方の風俗店では実際まず見掛ける事が出来ないコアなモノとなっており、それらを自宅に居ながら堪能出来るライブチャットサイトは、特殊な嗜好を持ちそれを満たしたい男性利用者からすれば、この上無くありがたいサ-ビスに違いありません。

ですがマニアックなライブチャットサイトの場合、利用者を明確に選択する事となりますので、利用に際しては十分な注意が必要です。
何よりマニアックなプレイには各々「暗黙のル-ル」が細かく存在していますので、この辺りを知らずに利用しようとすると、結果勝手が分からず戸惑うばかりとなり兼ねません。
一例としてSMプレイに際しての役割分担、特定の状況を手順に沿って演じるロ-ルプレイなど、マニアでなければ理解出来ないル-ルが存在しているのです。
興味半分でトライしてみても、それらを瞬時に理解対応出来なければ結果、全く満足感を得られずに終わってしまう事となってしまいます。

ですが趣味嗜好がマッチしたユ-ザ-にとっては「願ったり叶ったりのサ-ビス」に違いありませんので、マニアックなプレイを熱望する人であれば、ぜひトライしてみる事をオススメしたいと思います。
ちなみに利用料金面は一般的なアダルト系よりも割高設定となっていますが、それでも同系統の風俗店よりは割安で楽しめますので、コストパフォ-マンス面からしても嬉しいサ-ビスだと言えるのです。

お喋りによるコミュニケ-ション

コミュニケ-ション

アダルトとノンアダルト両方のサ-ビスをエンジョイ出来るミックス系ライブチャット、ベ-スはあくまで女性との会話を楽しむところからスタ-トし、その後の流れで脱衣行為などのエッチなサ-ビスをエンジョイする事も可能なのです。

実際どの程度までエッチなサ-ビスとなるのかはチャットレディ各々の判断に委ねられていますので、いかにして女性をその気にさせるのか、その辺りの駆け引きもまた、ミックス系利用時の醍醐味なのです。
そしてミックス系ライブチャットに於いては、特にエッチな会話に関しての制限は設定されていませんので、徹底的にエロト-クに走ってもお咎めは無さそうです。
ですから映像よりは会話に対して興奮を覚える利用者に向いたサ-ビスだと言えるかと思います。
ちなみに料金設定はアダルト系とノンアダルト系の中間設定となっています。

更には美人の女性、可愛い女の子が多いと評判なのもミックス系のメリットですが、エッチなサ-ビスの中身はアダルト系と比較するとソフトになっています。
ですから性的充足感を最優先とするユ-ザ-であれば、やはりアダルト系を選択利用した方が間違いありません。
あくまで基本はお喋りによるコミュニケ-ションを主な目的とするサ-ビスですから、それなりの利用時間となるのが普通です。

短時間だけ楽しむ利用スタイルには不向きですが、恋人気分での会話を楽しむ事が出来、そこにエッチなやりとりも期待出来てしまう点が、ミックス系ならではの大きな魅力なのです。
即脱ぎ始めてくれる女性もいれば、とことん焦らし続けるばかりで要求に直ぐに応じてくれない女性など、色々なタイプが在籍しています。
この辺りをどう見極めるのか、そんな男性の眼力もまた大きなポイントとなるサ-ビスなのです。

ツ-ショットチャットについて

ツ-ショットチャット

アダルト系サイト内では、相当エッチ過激な会話が交わされるケ-スも珍しく無く、マシンガンの如く下ネタ連発を続ける男性も見られれば、女性側もエッチな会話に嫌悪感を示す事もなく、結果エロト-クがより加速を見せる傾向が顕著なのです。
ですがアダルト系といってもやはり、最低限の常識マナ-を逸脱してはならないのは当然の事で、エッチな会話OKと非常識な言動が許容される事を混同してはならないのです。

入室直後に挨拶も無く脱衣行為を命令したり、いきなり卑猥な質問責めといった非常識な言動は結果、チャットレディに嫌悪感を抱かせるだけなのです。
これをパ-ディ-チャットでやらかしてしまうと、たった1人の男性利用者が原因でせっかくの雰囲気をブチ壊してしまうのです。
常に第三者に迷惑を掛けない事を意識しておかねばなりません。

そしてツ-ショットチャットの場合、男女1対1のシチュエ-ションとなりますから、当然女性側の警戒心も大きくなっています。
相手はお仕事ですから表向きは笑顔で対応してくれますが、露骨なセクハラまがいの発言は大きなストレスとなって相手の心に蓄積してしまいます。
「この先はアウト!」というラインを常に見極める姿勢が求められます。
すなわちエッチな発言に関しては、常に女性の反応を確かめながら、その度合を臨機応変に微調整するテクニックが必要だと言えるのです。
よほど非常識でない限り、エッチな発言を理由にキックされる事は考えられませんが、相手に罵声を浴びせる感情的な発言やエッチな行為の強要は、ペナルティが課せられる対象の行為ですので絶対に慎まねばなりません。

忘れてはいけないマナー

マナー

ノンアダルト系ライブチャットを活用する以上、決して忘れてはいけないのが「マナ-」なのです。
いくらこちらが客だと言っても、相手のチャットレディは一般の素人女性ですから、会話に際しても最低限の基本マナ-を踏まえ、逸脱してはなりません。
気軽にお喋りをエンジョイ出来るのがライブチャットの大きな魅力ですが、会話の前の挨拶、初対面の際の自己紹介、退出時に一声かけるなど、基本中の基本がお留守になってはなりません。

そして度々問題となっているのが、利用客のチャットレディに対する性的な発言問い掛けなのです。
少しぐらいのエッチなお喋りは許容範囲となっているサイトも多々見られますが、ノンアダルト系に於いては基本、エッチな話題を持ち出した時点で「セクハラ行為」とみなされますので要注意なのです。
最悪、チャットレディからキック(強制退出)をさせられたり、運営者側からアクセス禁止処分を言い渡される展開も懸念されます。
何より女性は男性の想像以上に性的な話題に対しては拒否嫌悪感を抱く傾向がありますので、そのあたりを男性利用者側はしっかり踏まえておくべきなのです。

そして飲酒が過ぎた酩酊状態でライブチャットサイトを訪れ、女性に対して絡み続ける迷惑客も見られています。
男性利用者は決して、常に女性を喜ばせようと話題をチョイスすべき義務はありませんが、最低限「迷惑を掛けない」事は徹底せねばなりません。
とりわけ匿名性が高いライブチャット故、過剰に羽目を外してしまい、結果迷惑行為に及んでしまう男性利用者が多々見られるのです。
アダルト系では問題とならない言動も、ノンアダルト系では「規約違反行為」となるケ-スは多々ありますので、最低限のマナ-とモラルを常に頭に置いて楽しむ姿勢が求められるのです。

ライブチャットのよくある質問

質問

Q:どんなサ-ビスが楽しめますか?
A:内容は各サイト毎に違っていますが、一般的にはストリップ、エッチなお喋り、オナニ-映像観賞などが挙げられ、その他利用者側が女性に指示を出す事や、各々が役割を演技するバ-チャルセックス(擬似セックス)も可能で、更に一部よりコアでマニアックなSM、コスプレサ-ビスに対応しているサイトも見られます。

Q:自分の顔を相手に見られたくありません
A:ノンアダルト系とは違い、アダルト系で利用者側がWEBカメラを用いる人は少数派ですので、女性側からのみ映像配信してもらって問題ありません。
また音声通話ではなく、テキスト(文字)入力での利用もOKです。

Q:映像にモザイク処理などが施されるのですか?
A:違法行為トなる性器のモロ出しなどは当然禁止行為ですので、男性側が自身の男性器を女性に映して見せる事も厳禁ですが、海外にサ-バ-を置くサイトは現地の法律が適用されているので規制対象外であり、この限りでは無い場合もあります。

Q:女性をチェンジしても構いませんか?
A:ライブチャットサ-ビスは時間料金制を採用していますのでいつでも利用を中止したりチェンジする事が出来ます。
また女性をチェンジする際に追加料金が発生する事も無いので、1回5分程度だけの利用でも全く問題は無く、それが多くの利用者からの支持を得ているのです。

最新情報

お探しの記事は見つかりませんでした。

検索キーワードを変更し下記より再検索してください。


サブコンテンツ

このページの先頭へ